10月12日の埼玉 所沢市での初級BBQ検定は台風19号の影響のため中止となりました。

インストラクター紹介 Vol.4 沖浩志さん

コメント:私がスマートバーベキューを知る前までは、バーベキュー=日本のバーベキュー(野外焼き肉)を想像していました。もともと自然が好きなので、河原でワイワイガヤガヤ騒いで、ゴミを捨てて自然を汚して帰る日本のバーベキューには疑問を抱いていました。

2017年3月のあるイベントで、バーベキューは、イノシシや川エビ、はては、スギの間伐材など、地域食材・資源を余すことなく利用して、地域の人が楽しむこともできるパーティー文化だと知りました。

そこからすぐに初級BBQ検定を受けて、バーベ九則や三方良し(自分・他人・環境)のスマートバーベキューの考えを学びました。ちょうど、会社を辞めて、館山という自然が豊かな地域で暮らし始める転換期にいた自分にとって、それらの考えを実践できる舞台と資格が揃った期間でした。

館山へ移住してからは個人的にスマートバーベキューを実践し、少しずつ地域食材を利用していましたが、地元への普及が足りてないことに焦りも感じていました。

地域協会の設立が必要と感じ地域BBQ協会設立へ。

「南房総バーベキュー協会」を立ち上げることができました。

これからは地域BBQ協会の責任を持ちつつ、地域食材・資源をバーベキュー文化に昇華できるよう活動していきたいと考えています。スマートバーベキューと出会っていなかったら、何も起きていなかったので、同じようなきっかけを南房総地域の方へ届けたいと思います。

沖浩志(千葉県35歳・男性)
受講検定会場 初級(東京:Cafe HAUSE)、中級(埼玉:バーベキューハウスぽの家)
現在のインストラクター等級 中級