2020年現在のバーベキューインストラクター数16000名

【日本バーベキュー協会公認 地域BBQ協会さん活動情報】

【日本バーベキュー協会公認 地域BBQ協会さん活動情報】
静岡バーベキュー協会さんと四万十川バーベキュー協会さんから、それぞれの地で、バーベキューで地元を盛り上げよう!地元のオリジナルBBQ関連商品を作ろう!とさまざまな活動されているご報告をいただきました。


■静岡バーベキュー協会さん代表の鳥居さん、静岡バーベキュー協会のメンバーとが一緒になり、掛川のクラフトビール醸造所掛川ファームブルーイングさんに「BBQにあうクラフトビール」を提案。


見事、ジンジャーベースのさっぱりとした味に仕上げ、肉がメインのBBQに合うクラフトビールを開発されました。

https://www.chunichi.co.jp/article/93618


■SHIMANTO RIVER―B-QUE 協会さん
SHIMANTO RIVER―B-QUE 協会さんは、行政と一緒にバーベキューというコミュニケーション文化を通して四万十川流域のシーンに新たな価値をつくり地元の農林漁業に明るい未来を提案する事業「しまんとリバーベキュープロジェクト」を立ち上げられました。


8/29に開催される「BBQジャンボリー2020in 四万十川」もそのプロジェクトの1つになります。


https://srbbqp.com/


高知県四万十市西土佐の道の駅「よって西土佐」を中心に地域と行政が協力し

◎第一次産業の振興

◎生活文化の継承

◎観光産業の創造

◎人材の発掘と育成に、とりくむコンソーシアムです。

■地域内で気軽にBBQができるしくみ「シェア・グリル」サービスの開発

■地元一次産品を活用した商品開発「BBQの木」とレシピ開発

■四万十の風景や生産現場を舞台に「シーン・バーベキューパーティー」


日本バーベキュー協会には様々な地域に、協会が認定した公認の44の地域BBQ協会さんが設立されています。

https://jbbqa.org/kyokai/local/

各地域様々な活動をされているので、また協会本部からも各地域BBQ協会際の活動を紹介していきます