【バーベキュー検定空席情報】3月20日(月)神奈川県川崎市での平日の初級バーベキュー検定に空き席あり。詳細及び申込はここをクリック。

【四万十BBQジャンボリー&SCA Asiaアメリカンビーフステーキコンテスト最終決戦】結果報告その3

ジャンボリーの翌日

小雨が降る中、

2022年12月4日には、第16回SCAASIA アメリカンビーフステーキコンテストと
第2回四万十鮎の塩焼きコンテストが開催されました。

1チームがアメリカンビーフステーキと鮎の塩焼きを争う2種競技になります。

今回は今年最後のアメリカンビーフステーキコンテストともあり、

最終決戦。 

来年3月、アメリカ テキサス州で開催される

SCAステーキコンテスト世界大会へ出場する

日本代表が決まります。

アメリカで、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、イギリス、メキシコ、フランスなど、様々な国の

チャンピオン達と戦う日本代表は誰になるのでしょうか。

日本代表は、2022年の大会でポイントが一番多いポイントチャンピオンと
今回のしまんと大会での優勝者が代表となります。

【ポイントチャンピオン制度】

ポイントチャンピオンは、各大会に出場すると、1位~最下位までポイントが加算されます。

1位は11ポイント

2位は10ポイント・・・10位は2ポイント

11位以下は1ポイント

このポイントが今年、一番多かった人が、ポイントチャンピオンです。

11月の篠島大会まででの高ポイント上位3名は

1位 林 拓也さん(東京)27ポイント

2位 奥村 英和さん(愛知)24ポイント

3位 西崎 陽介さん(愛知)21ポイント

とそれぞれ3ポント差。 

どの方も代表になるチャンスはあります。

【アメリカンビーフステーキコンテストルール】

参加者は、
提供されたアメリカンビーフリブアイロール1ポンドステーキを、

バーベキューグリル(炭・ガスは問いません)を使って、

既定の時間内(今回は13時30分~14時)に提出 。

この時間に1秒遅れても失格になります。

味付けなどは、ご自身の「これは美味しいと思う味付け」で。

一見、単純そうに見えて、実は奥が深いコンテストです。

【審査基準は】
・見た目(アペアランス)
・完璧なミディアムレアかどうか(ダンネス)
・柔らかさ(デンタネス)
・味(テイスト)

・総合評価

これを、審査員は、「誰が使ったかわからない状態」ブラインドジャッジで審査します。

先入観がない、
前回チャンピオンのお肉か、初挑戦者のお肉かもわからない、
友達だからという贔屓もなし、本当に公平・平等に審査(ジャッジ)されます

実は日本にはまだ、この完全に公平で平等なコンテストが数少ない状況です。

日本のほとんどのコンテストは投票制なので、その人・お店がたくさん友達や知り合いを連れてきたら、

勝率が上がる仕組みなっています。

SCA ASIAはアメリカのSCA本部から、この「本当に平等な審査方法」
仕組みを習い、

日本各地でアメリカンビーフステーキコンテストおよび

さまざまなクッキングコンテスト開催していきます。


まずはお肉選びからスタート。

お肉を選ぶのも平等で公平に行われるので、お肉を選ぶ順番を決めるのも、くじ引きで。


もちろん、1番クジを引いた人が、たくさんのお肉の中からイイお肉を選べるのでラッキーになります。

コンテスト用のステーキのお肉は 
ステーキには、最適の 
アメリカンビーフ リブアイロールの1ポンドステーキ
お肉が一斉にズラリと並ぶようすは圧巻です

https://www.americanmeat.jp/csm/news/foryou/


どれも、アメリカンビーフ リブアイロール 1ポンドで、
一見、どれも同じように見えますが、

実は個体差があり、どれが美しい見た目にしがるのか、
目利きをしながらお肉を選んでいきます。
お肉を選べる時間は30秒

 

そして今回は

鮎の塩焼きコンテストもあるので、

鮎も選んでいきます。

鮎選びは、お肉よりも困難そうです。

【SCAジャッジクラス】

選手の皆さんが調理している間に、審査員の育成講習会も行われています。

  
アメリカのステーコンテストの仕組みを作ったSCA(STEAK COOKOFF ASSOCIATION)が、
審査員の基準を決め、審査方法を考えました。

 その審査基準と、審査方法を知り、審査員の資格を得るジャッジクラスです。

ジャッジクラスでは実際にステーキを食べながら、ジャッジ(審査)方法を学んでいきます。

このジャッジクラスは、ステーキを焼けなくてくても、ステーキを食べるのが好きなら誰でも受けられます

【各選手の真剣勝負 提出時間(ターンイン)は12時30分~30分間】

 
今回の提出時間は、
12:30~13:00  ステーキ ターンイン
13:00~14:00  鮎の塩焼き ターンイン。 

この時間を1秒でも遅れると失格になります。
それまでのんびりと、穏やかだった会場の雰囲気も、ターンイン時間が近づいてくると、
皆んさんが本気モードに。

参加者の皆さんは、シェフでもなく、料理関係の仕事もしていない

素人の方ですが、ステーキ焼に関してはプロ級。

美しく、美味しく、ジューシーに焼き上げていきます

普段、鮎を焼いている方も、今回はステーキ肉にも挑戦。

他の選手は、逆に普段焼きなれない鮎に四苦八苦

ステーキの焼き方も様々

塩こうじ・まいたけ・ガーリック・玉ねぎなど
様々な皆さんの秘策があるようです

【ターンイン】


そして、12:30分までに、続々と、アメリカンビーフステーキがジャッジの審査員室へ運ばれます。

ジャッジも採点するのに、皆、緊張感が漂います。

ジャッジは、自分の判断を大事にするので、人と相談してもNG
表情に出すのもNG
みな、真剣です。

審査後には、ジャッジのみなさんで、感想や意見交換。
審査中にはできなかったので、審査が終わると皆、いろいろコメントを言っています

続いて鮎の塩焼きの提出です。

参加者は、ほとんど素人の方ですが、

見た目も焼き方もとても上手です