メール送信不調のお詫び。只今お問い合わせからのメールが送信できないトラブルが発生しています。御用の節にはお手数ですが info@jbbqa.org へ直接送信してください。

【今年初 JSCAアメリカンポークリブコンテスト報告1】~BBQの王道、ポークリブのコンテスト~

3月21日、神奈川県川崎にて

ちょうど桜の木の下で

日本スポーツクッキング協会(JSCA)アメリカンポークリブコンテストが
開催されました。

【日本スポーツクッキング協会(JSCA)】

 「スポーツクッキング」とは、
料理を“スポーツ”のように
「公平で平等な審査によって、料理で競い、料理で順位を決める、料理コンテスト」のこと。

日本スポーツクッキング協会は、「スポーツクッキング」の審査員制度を決め、

審査員育成講習を開催し、「スポーツクッキング=コンテスト」を認定する団体です。

今回は、アメリカンポークリブのコンテストを開催しました。

【アメリカンポークリブコンテストルール】

参加者は、主催者から提供されるアメリカンポークリブ(セントルイスカット)を1枚、
バーベキューグリル(炭・ガスは問いません)を使って焼き上げ、
既定の時間内(今回は13時30分~14時)に提出 

この時間に1秒遅れても失格になります。

味付けなどは、ご自身の「これは美味しいと思う味付け」で。

一見、単純そうに見えて、実は奥が深いコンテストです。

さらに、ステーキと違うのは、

豚肉は肉芯温度が63度以上ないと、寄生虫が死滅しないので、
63度以上で仕上げながら、柔らかさも求められます。
温度を上げすぎるとお肉は固くなります。

今回、ポークリブをご提供いただいたのは

アメリカンポークさん

アメリカのBBQといえば、ポークリブは外せません。 

ビーフブリスケット、プルドポーク、ポークリブと、アメリカの3大BBQミートの一つです。


【審査基準】

・見た目(アペアランス)
・歯ごたえ(テクスチャー)
・味(テースト)
・総合評価(オーバーオール)

こちらを 1~10点 (味だけは小数点まで) で評価します。

【ブラインドジャッジ】

審査員は、「誰が使ったかわからない状態」で審査する方法をブラインドジャッジといいます。

ブラインドジャッジは、【先入観がない】

前回チャンピオンのお肉か、初挑戦者のお肉かもわからない、
友達だからという贔屓もなし、本当に公平・平等に審査(ジャッジ)されます。

実は日本にはまだ、この完全に公平で平等なコンテストが数少ない状況です。

日本のほとんどのコンテストは投票制なので、
その人・お店がたくさん友達や知り合いを連れてきたら、
勝率が上がる仕組みなっています。

SCA ASIAはアメリカのSCA本部から、この「本当に平等な審査方法」
仕組みを習い、

日本各地でアメリカンビーフステーキコンテストおよび

さまざまなクッキングコンテスト開催していきます

【肉選び】

まずはお肉選びからスタート

 

お肉を選ぶのも平等で公平に行われるので、お肉を選ぶ順番を決めるのも、くじ引きで。
もちろん、1番クジを引いた人が、たくさんのお肉の中からイイお肉を選べるのでラッキーになります。

一見、どれも同じように見えますが、

実は個体差があり、どれが美しい見た目にしがるのか、

目利きをしながらお肉を選んでいきます。

お肉を選べる時間は30秒

お肉をもらったら調理開始。

提出時間は 14:30~15:00 です。
1秒でも遅れると失格になります

【SCAジャッジクラス】


選手の皆さんが調理している間に、審査員の育成講習会も行われています。

アメリカのステーコンテストの仕組みを作ったSCA(STEAK COOKOFF ASSOCIATION)が、
審査員の基準を決め、審査方法を考えました。

その審査基準と、審査方法を知り、審査員の資格を得るジャッジクラスです。

ジャッジクラスでは実際にステーキを食べながら、ジャッジ(審査)方法を学んでいきます。

 

●どのようなステーキが美しいのか
●完璧なミディアムレアはどういうのか
●点数のつけ方
●審査方法

などを学びます。

プロでなくてもOK。
料理業界未経験者でもOK。
素人でも十分審査員になれます。

この「誰でも審査できる」というのが、より「公平さ」を生み出します。

権威のある方、無い方、プロの料理人、主婦、料理したことが無い人が
審査することで、ステーキ焼の本来の実力が見えてきます。

このジャッジクラスは、ステーキを焼けなくてくても、ステーキを食べるのが好きなら誰でも受けられます。

【クッキングタイム】

アメリカンポークリブをターンインに合わせて、皆、それぞれ調理をしていきます。

ポークリブはステーキよりも時間がかかります。

スモークが入り、柔らかいリブを仕上げるには、LOW&SLOW 低い温度で

ゆっくりと仕上げていかなくてはなりません。

  

【ターンイン】

ターンインは、指定されたボックスに入れ、提出。

その際に、チケットが渡されます。

このチケットが、大事。これをなくすと、自分の順位がわからなくなります。

ジャッジ(審査員)ルームは、それまで和やかだった雰囲気が一転、
緊張感が漂います。